永遠に夢見る子どもたち

歳はとっても気持ちは子どものような私が、 子どものようなに元気いっぱい走り回るうさぎのムーヴと、 ついに産まれてきた流星のことを、 大好きなギャグを交えながら、 日記も含めて作ったブログです。

ばあちゃん

ばあちゃんは昨年の秋以来、入退院を繰り返しておりましたが、今月になって体調が悪化し、7月13日午後11時54分に永眠いたしました。87歳でした。
 最近では楽しい思い出より、ばあちゃんのわがままにひどい思い出しかなかったけれど、それでも小さいころは、学校から帰るといつもいて、ばあちゃんから100円もらってお菓子を買いに行ったり、おやつや食事のときに、一緒に大好きなコーラを飲むのが日課でした。中学時代は中学校から近いこともあって、帰宅途中のたまり場になっていて、ばあちゃんが作ったキンキンに冷えた麦茶は友達から大好評だったな~。流星が産まれてからは実家に行くたびに、「流星君、お菓子食べさい。」「流星君、風邪大丈夫~?」と言って声をかけてくれたのが今となっては大切な思い出です。
 ばあちゃん、今までお世話になりました。これからは父ちゃんと一緒に家族のことを見守っていてね。暑い夏になりそうだから、天国でも熱中症には気をつけてね。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<手足口病 | HOME | お花>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |