永遠に夢見る子どもたち

歳はとっても気持ちは子どものような私が、 子どものようなに元気いっぱい走り回るうさぎのムーヴと、 ついに産まれてきた流星のことを、 大好きなギャグを交えながら、 日記も含めて作ったブログです。

けなげな流星

2週間前ぐらいから「ゆうじくんが引っ越すんだって~。」と流星。
もも組さんになってから仲良しのお友達。
そのお友達が来週から北海道に引っ越すことになりました。
昨日、帰ってきてからゆうじ君にお手紙を書いて「明日渡すんだって。」とのこと。
ひらがなもあんまり書けないのに一生懸命書いて、それに折り紙を折って同封して、準備完了。
そして、今日の帰りのこと。
みんな笑顔でお見送りをして、ゆうじ君も笑顔のお別れ。
そんな中、流星は一人で号泣。それを見た担任の先生までもらい泣き。
いちご組さんがおわるときに、いつも一緒に帰っていたももこちゃんが引っ越し。
同じタイミングで流星の大好きなユキ先生がご退職。
流星が大好きな人とことごとくお別れすることがかわいそうだけど、そんな優しい子に育ってくれてパパは嬉しいよ。
流星、いつまでも、そんな優しい男の子でいてね。

【泣きつかれた爆睡中の流星】
130913_2213~01
スポンサーサイト

子ども | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<心配…。 | HOME | リバーサイドマラソン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |