永遠に夢見る子どもたち

歳はとっても気持ちは子どものような私が、 子どものようなに元気いっぱい走り回るうさぎのムーヴと、 ついに産まれてきた流星のことを、 大好きなギャグを交えながら、 日記も含めて作ったブログです。

学芸会

今日は小学校の学芸会。
ビデオを持って行ってきました~。
流星たち1年生がやったのは「かみなりさまのなつやすみ」初めて聞く名前です。
ストーリーは、夏休みを迎える雷の子供たちが夏休みの宿題でおへそをとりに行くというお話のようでした。
そんな中、流星は30人ぐらいいる雷の子供の役でした。
流星が登場したシーンでは水遊びをするのに泳ぐのに邪魔になるでべそをとって、水遊びから戻ってきたところのシーンのようでした。
そして、流星が、
「あついのがとれてよかったね~。」
と身振り手振り、その後、でべそがないことに気がつき、人間の子供たちに返してもらって、
「みなさん、ありがとう。」
とさらに一言。幼稚園の時よりはっきりしゃべっていて、成長を感じることができました。
来年はどんな姿を見せてくれるか今から楽しみ~♪
p.s ビデオを撮っていたため、ビデオの映像を写メで撮ったので、画像が荒くてすみません。

【雷の子供】
151107_2241-01.jpg
スポンサーサイト

子ども | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<七五三 | HOME | 学園祭2015>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |