永遠に夢見る子どもたち

歳はとっても気持ちは子どものような私が、 子どものようなに元気いっぱい走り回るうさぎのムーヴと、 ついに産まれてきた流星のことを、 大好きなギャグを交えながら、 日記も含めて作ったブログです。

オズ

昨日のことでした。
嫁さんから「オズちゃん亡くなったんだって。」との連絡。
実家で飼っている猫で、先日までピンピンしていたから、あまりに突然のことで信じられませんでした。
ムーちゃんよりちょっと下で流星のちょっとお兄さん。
流星や蒼穹の成長を見守ってきてくれたニャンコだったから、その現実を受け止めることができませんでした。
でも、今日実家に行って、段ボールに入った動かないオズを見たら…。
お腹を出しておっさんのように眠るオズ、弟にじゃれて餌をもらうオズ、時には調子にのって、弟や母ちゃんに怒られていたオズ、すずめやセミを捕まえてきてびっくりさせたこともありました。
そんなたくさんの思い出が走馬灯のように浮かんできて、自然に涙が出てきました。
別れはいつかはやってくるものだけれど、突然だと心の整理が…。
それでも、うち以上に弟や母ちゃん、そして、一緒に飼っていたキキはもっと辛いわけで…。心配です…。
オズ、お別れする前にまた見に行くからね。だから、もうちょっとしかいれないけれど、実家の空気を雰囲気を感じ取っておくんだよ。
そして、虹の橋でロビー兄ちゃんと一緒に走り回るんだよ。
どうか、虹の橋からみんなのこと見守っていてね…。
オズ、今までたくさんの思い出ありがとぅね…。
オズアップ
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<災難続き…。 | HOME | ヘアバンド>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |